通常の株式投資を行う場合、100万円分の株を買おうとすると100万円の投資資金が必要となりますね。日経225取引においても、現在の価格が8000円だった場合の取引価格は、8000円×1000で800万円もの資金が必要となる計算になります。ほとんどの個人投資家にとっては、おいそれと準備出来るような金額ではありませんね。そこで、日経225では差金決済を取り入れています。つまり、日経225取引を行う証券会社に対し、「証拠金」と言われている金額を預ける事によって、その証拠金よりも大きな金額の取引が可能となっているのです。例えば、10万円を証拠金として預ける事によって100万円分の取引が行える、と言ったイメージですね。この証拠金の金額は、大阪証券取引所から発表されているSPANパラメーターによって、証券会社ごとに算出されています。証券会社AではSPAN×100%を必要証拠金として定めているのに対し、証券会社BではSPAN×120%を必要証拠金として定めている、と言った違いです。SPANパラメーターは毎週更新されていますので、それに伴い必要となってくる証拠金も変動しています。また、大引けの段階で建玉を維持するのに必要な証拠金が不足した場合には、追加で証拠金を入金する必要がありますので覚えておきましょう。日経225取引を行う為に証券口座を開設する際には、その証券会社が定めている必要証拠金を事前に確認しておく事が大切ですねー